花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

時代とともに(兵庫県姫路市)


こうやって人前で芸能を上演していると、いつも発見があります。上演する芸能の基本的な形や動きは決まってはいるのですが、現場で芸能として成立させるためには、見て下さる、お集りになった観客の皆さんによって、多少の変更というか、変化させなければいけない事があります。舞台に立った時には、いつもそこに神経を集中させています。そうやってこれまでも、何度も何度もお客さんの前での上演を通して、少しずつ少しずつ時代に合った芸能として変化させて来たんだと思いました。先人のこれまでの日々の営みが、今の私達をつくってくれている事に感謝です。果たして、次の時代へとバトンタッチできるのか?それが課題です。
演目:寿獅子、水口囃子


天候不順?コスモスならぬ、境内に咲いた秋桜!                       


ふるさとは遠きにありて思うもの(兵庫県加東市)

買い物、趣味、テレビ、行楽など、60年前には到底できなかった楽しい事が、今では生活の中に満ち溢れています。そんな楽しい事など少ない時代に、発明された行事の一つに「秋祭り」があるんだと思います。牛馬を使ったとて、ほとんどの作業を人力で成し遂げた「稲作」、こんな重労働の後には、苦労を共にした皆さんとどこかで「打ち上げ」は必然だったでしょう。天候、作物の取れ高など人間の意思でどうこうできませんので、神様にお願いするしかありません。豊かな時代になっても、人間の記憶の中には「秋祭り」への郷愁は拭い切れないものです。
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、サムルノリ、もちつきばやし                              



一芸入魂(兵庫県たつの市)

お寺の敬老会にたくさんの門徒さん達が詰め掛けました。立派な設備の整ったお寺に改築されたのですが、400年前に建立されたと言いますから、江戸時代初期の事です。様々な時代を経て、集う人々も変わりました。百姓と言えば、皆腰が曲がっていて、60歳と聞くと皆お爺ちゃんお婆ちゃんだという印象でした。今では、椅子にこそ腰かけていますが、腰の曲がった方など一人もいません。70歳80歳は普通になりました。親戚一同繰り出しての「田植え」「稲刈り」で過ごした時代は、遥か遠くとなりました。
演目:水口囃子、花田の子守唄、南京玉すだれ