花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

色めき立つ期待に迎えて頂く幸せ(猿まわし&花こま福島公演)




次は、西部三育幼稚園と同じ系列となる、
動物セラピーを取り入れた老人施設に伺いました。
きっと幼稚園公演のお話が伝わったのでしょう、
まだかまだかと皆さんはもう首を長くして、
色めき立っておられました。
介護担当の方だけではなく、
調理担当の方まで駆けつけて来られました。
お蔭様で、大変大好評でした。
「いいものを本当にありがとうございました!」
と公演後、口々に深々と会釈され、
とってもいい笑顔でお部屋に帰って行かれました。
施設長さんは、
「とってもいいものをありがとうございました!
こちらに来られる機会がありましたら、
必ずお寄り下さい!」と熱いラブコールまで頂きました!
熱演を果たしたお猿さんには、
施設から果物、食べ物のご褒美盛り合わせを頂きました!
今日の演目:猿まわし鉄平、寿獅子、猿まわし一平
花こまのホームページへはここをクリック!

生の芸能を目の前で見るという事(猿まわし&花こま福島公演)





猿舞座「筑豊大介」さんと福島県へ伺いました。
猿舞座にとって初めての福島です。
ぜひ猿まわしを見てみたいという
福島西子ども劇場からのラブコールを頂いたからです。
まず、福島公演第1回目は、
福島西子ども劇場とゆかりのある、
西部三育幼稚園での公演でした。
最近の子ども達にとって、
テレビ、DVD、YouTube、インターネットなどで、
見たいものを手間や時間を掛けずに、
手軽に見る事ができる時代となりました。
しかしながら、
生の芸能を目の前で見るという経験はできません。
「今回、この様な経験をさせて頂いて、本当に良かったです!」
と園の先生が感慨深く感想を寄せて下さいました。
公演後、園児と先生が一緒になって、
雨の中、私達を見送って下さいました。

今日の演目:猿まわし鉄平君、寿獅子、猿まわし一平君
花こまのホームページへはここをクリック!

兵庫土建一般姫路支部60周年記念祝賀会に伺って


花こまの友人が加入している組合です。
彼は日常大工さんとして大活躍しています。
また、彼は別の一面として、
花こま車人形浄瑠璃公演での、
舞台スタッフとして、
絶大な力を発揮してくれる仲間です!
今日は、彼の組合の60周年の記念日で、
お祝いに駆けつけました。
組合員自らが製作した椅子などを地域に寄付したり、
本業の充実だけでなく、
様々な地域活動もされています。
会場の皆さんの頭を噛んで
獅子舞でお祝いを申し上げますと、
皆さん子どもの様に喜んで下さいました。
今回の行事担当者の方は、
建物の周りにある垣や門扉などを専門とする仕事だそうです。
因みに支部長さんは建具屋さんだそうです。
伺うだけで何だか楽しくなる皆さんばかりでした!
今日の演目:水口囃子、寿獅子
花こまのホームページへはここをクリック!