花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

段どり9割、本番1割?(夏の猿まわし&花こま公演から)


保育園というのは、朝の送り迎えで混雑する時間帯があり、それを避けるために私達の車は園庭に入れる事になりました。途中の道が狭く、何回も何回も切り返し、やっとの事で園庭に入れる事ができました。お猿さんは、動く物に興味を持ったり怖がったりするので、急遽エアコンの下に付いていた扇風機のようなファンを外しました。準備のため子ども達のお部屋と隔てていた隔離壁を先生方と一緒にしまいました。そんな朝から色んな準備を重ねた結果、先生方共々満足できる公演をつくる事ができました(嬉)。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、車人形、猿まわし、寿獅子                   


必ずや思いは実を結ぶ!(夏の猿まわし&花こま公演から)

どれだけ喜ぶか!利用者の皆さんに是非見せたい!そんな施設長さんの思いが初めて実を結びました!「初めて」というのは、お互いにどうすればいいのかと考えてしまいます。できるだけの事をお伝えし、こちらも不安が無いように色んなお話を伺います。いざ公演になると、いつも芸能を楽しんでいる皆さんのようで、熱心に私達の舞台を楽しんで下さいました。公演後、初めてこの様な舞台を間近で見せて頂き、こんなにも皆が集中して見るなんて!職員が驚いていました!と興奮気味に感想を頂きました。早速、来年に行われる施設の祭りでの公演依頼を頂きました!感謝。
演目:水口囃子、花田の子守唄、そーらん節、猿まわし、南京玉すだれ、車人形                 


情けはヒトの為ならず?(夏の猿まわし&花こま公演から)

熱中症で救急搬送されるニュースが飛び交っています。こちらでは、冷房設備が整っている先が続き、ありがたい限りです。それは人間だけではありません。お猿さんも然りです。カンカン照りの屋外駐車場から、よく冷えた会場へとやって来るのですから、そりゃもう機嫌がいい事。早朝稽古の成果を見て頂く絶好の機会です。クーラーのありがたさを嫌というほど味わった鉄平君、「ねんねんころり」のシーンでは、ひんやりとした床に一旦寝転ぶと、親方の合図などどこ吹く風。そのままずっと寝ていたい鉄平君なのでした。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、車人形、猿まわし、寿獅子