花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

園児の目に映るものとは?(秋の猿まわし&花こま公演)〔大阪府大阪市〕

こちらの保育園、とても素敵な舞台があります!というか、芸能を見るのに本当に最適な舞台です。上演させて頂く機会はたくさんあるのですが、やっぱりこちらの舞台は本当にやり安いし、客席からも舞台が本当に綺麗に見える。その理由は何故だろう?さて、今日もこの舞台を使って、新たに芸人先生が誕生しました!園児達の大声援に送り出され、舞台の上で震える様な緊張と集中の時間を過ごしました!終わった後の園児からの拍手喝采は、この上もなく先生には嬉しかったんじゃないでしょうか!お猿の「鉄平君」も負けじと、練習の成果を発揮すべく、この素敵な舞台で孤軍奮闘するのでした!
演目:水口囃子、南京玉すだれ、猿まわし


気持ちの行きつく先は?(秋の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県加西市〕

「できるだけ人を集めたい」それは素朴な思いです。多ければ多いほど、何かとても大きな事業を成し遂げたんだという満足感が残ります。今日は園児に加え、子育て支援の親子、地域のお爺ちゃんお婆ちゃんに呼びかけ、集まって頂きました。開演ギリギリまで、責任者の先生の心は揺れ動きます。「もっと、集めた方が良かったのか?いやいやこれ以上集まると、園庭から遊戯室に入り切れないのじゃないだろうか?」そうこうしているうちに、心の葛藤もタイムアウト!いよいよ公演の始まり始まり~!
演目:水口囃子、寿獅子、猿まわし、もちつきばやし



職員による長年の努力が...。(秋の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県姫路市〕


こちらの老人施設では、近くにある小学校の2年生と、保育園のお友達を招待して、毎年開催されます。10年も続けて来ますと、演芸場という雰囲気がいつも出来上がっています。施設利用者の皆様に加え、子ども達がこの会場にやって来ますと、とてもいい相乗効果が表れます。子ども達は、舞台上のちょっとした言動や仕草に絶えず反応して、何やかんやと思い思いの感じた事を大声で直ぐにおしゃべりし出します。それが会場中を飛び交うもんですから、自然とお爺ちゃんお婆ちゃんの耳に入ります。すると、皆さんの顔がどんどんほころんでいくのが良く分かります。核家族が多くなり、一緒に芸能を見る機会など無くなってしまった今、本当に貴重な体験をしている様に思いました。
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、猿まわし、そーらん節