花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

1月の風物詩

一定の室温の下、施設を利用する皆さんにとって季節の移ろいは、唯一窓外の光景から感じるのでしょうか。そんな中、利用者の皆さんを気遣い、職員の皆さんは季節を味わえる行事作りに苦心されています。今年も施設1月の風物詩「獅子舞」「もちつき」で伺いました!新年を迎えた気分を存分に味わえます!いやいや、味わって頂けるように頑張ります!
演目:寿獅子、もちつきばやし                              

阪神淡路大震災記念日を迎えて

一瞬の地震と火事でたくさんの命が奪われました。ひとりの命を失う辛さ、悲しさ、寂しさ、やるせなさが街中に溢れていました。そんな時、全国の皆さんのご支援で私達は生きて来る事ができました。皆さんのご支援に感謝致しております。世界に目を向ければいまだに紛争や戦争という火種が絶えません。世界中の人々が命を失う辛さ、悲しさ、寂しさ、やるせなさ、そして恐怖を二度と味わう事の無い事を願うばかりです。木枯らし吹きすさぶテント村で餅つきをしたり、炊き出しや配給活動をした事が思い出されます。いたるところにブルーシートが目立ち、これから先一体どうなるのだろうかと想像もつかない日々を重ね、それでも今に至りました。心寄せて頂いた皆様に感謝です。                              

新年を迎えて

年が改まり、今年も新年に沢山の皆さんと出会う事ができました。どういう訳かそんな皆さんからその年の雰囲気を感じさせて頂きます。今年は、獅子に頭を噛んで貰いたいという人が例年より多く、列を作ってまで頭を噛んで貰う方が特に印象に残りました。そんな皆さんから変化というものを敏感に感じさせて貰っています。なぜこんなにも毎年毎年皆さんの雰囲気が変わるのかと思うくらい違います。不思議なものです。