花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

とにかく大成功!〔兵庫県姫路市〕


公民館主催の3世代交流事業にお邪魔しました。「花こま」の「伝統芸能」を見られる方がほとんどの様に感じました。良くおいで下さったものだなぁと感謝致しております。館長さん飛び入りによる「玉すだれ」初挑戦は圧巻でした!ご本人は必死だったでしょうが、人柄もあり和やかな笑いが会場中に溢れ、大いに盛り上がりました!子ども会役員のお父さん方に依る個性溢れる「もちつき」では、日頃見せないその姿に、子ども達のテンションに火がつき、やんややんやの大喝采でした!開演前早くからお越し下さっていたお婆ちゃん達も大満足で帰られていました。無事、3世代交流という目的は達成されたのではないでしょうか?
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、もちつきばやし


園長先生の長年の努力(秋の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県尼崎市〕

毎年、近隣にお住いの方々に、公演の案内をし続けておられます。長年の積み重ねというものは、1回では作りえない深みがあります。閑散とした午後の公園でした、開演時間が近づいてまいりますと、当該保育園児に加え、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたお母さん方がお友達と一緒にやって来られました。また、いかにもご近所~!という感じのおばちゃま達がおしゃべりしながら公園へ。学校帰りの子ども達がランドセルしょったまま集団で。自転車に乗った子ども達が颯爽と。犬仲間が自慢の犬を引き連れ、湧き合い合い合と。散歩を兼ねたお爺ちゃんお婆ちゃん達も。保育園主催ではありますが、あっという間に、まるで昔ながらの「即席演芸場」となりました。大劇場では決して体験できない、味わい深いものでもあります。
演目:猿まわし、寿獅子


「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県尼崎市〕


園長先生曰く、「映画やテレビなどで、グロテスクなシーンを喜んで見ている子ども達が、獅子舞にこんなにも怖がるなんて!」。白昼堂々と広い広場の真ん中で演じた「獅子舞」への反応に驚かれたようです。「怖い」といっても、見捨てられる「怖さ」、命を奪われる「怖さ」など、様々な「怖さ」がありますが、私達の祖先は、壮大な自然からの恵みを頂いている感謝を感じながら、時には身近な命さへ奪う自然の猛威に落胆し、自然との付き合い方を考えたんだと思います。一層、人間として高まっていく事で、その「怖さ」を克服していこうとした生きざまを「獅子舞」から感じています。どうも「怖さ」の種類が違うのかも知れません。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、猿まわし、寿獅子