花こまの旅ブログ

公演先での感じた事を思いのままにつづります!

愛着いまだ薄れず、気持ちの高まりと興奮を抑える事はできません!

今でこそ、色んな食べ物が、所狭しとスーパーの棚に並んでいますが、50年程前までは、味噌、お茶、漬物、干し柿など、結構、色んな食べ物をそれぞれの農家で作っていたものです。また、節目節目の行事を行い、自然の恵みをもたらしてくれる感謝を表してきました。社会変化の中、行事だけが残り、一体何のための行事だったのか調べて見なと分からないものも出て来ています。農作物の実りへの感謝を表す「お月見」もそうかも知れません。しかしながら、餅米を蒸かして餅を搗く愛着はいまだに薄れず、その気持ちの高鳴りと興奮を抑える事はできません。
演目:もちつきばやし×2回                                                               

「初めて」という緊張をよそに

初めての依頼主からの要望で、初めての納涼会に伺いました。何分、「初めて」というと、一体どう上演したらいいのだろうかという、自分の中にある「芸能センサー」がハイレベルで稼働し、緊張感が全身を駆け抜けます。どう心配しても、精一杯上演するしかないのですが、どこか頭の隅で、そう事が進んでいきます。全身を駆け巡る緊張感の中、公演が始まっていきました。ところがどうでしょう、そんな緊張感をよそに、初めて見る花こまの芸能に、皆さんまるで子ども達の様に大はしゃぎじゃありませんか!どうぞ、お腹が一杯になるまで、私達の芸能を楽しんで帰って下さいね!
演目:寿獅子、そーらん節、花田の子守唄、南京玉すだれ                                       

今日の公演どうだった?「美味しかった!」(福島公演)

これまで、近くの老人施設に代表が遊びに来て、一緒に公演を見て下さっていたのですが、今年は是非、お餅を食べて貰いたいと思い、直接学童の方へお邪魔しました。いつも宿題や勉強に使っているお部屋を、会場に借りて公演を行いました。学童の皆さんには体験型がいいかと思い、伝統芸能体験公演としました。皆んな興味津々で、きらきらと目を輝かせて食い入るように芸能を楽しんで下さり、最後は何と言っても、自分達で搗き上げた旨~い餅を、皆さん全員で味わってもらいました!今日の公演どうだった?「美味しかった!」
演目:車人形、南京玉すだれ、もちつきばやし